【 リハビリテーション 】

リハビリテーションとは?

“リハビリ=専門職による機能回復訓練”ととらえられることも多いですが、「リハビリテーション」という言葉には広い意味があります。
「リハビリテーション」(Rehabilitation)は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。つまり、単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションなのです
当院では3名の理学療法士が在籍し、担当となる理学療法士がお一人ずつ症状や生活を考えてリハビリテーションのプログラムを作成し、徒手療法・運動療法・物理療法により運動機能の回復を目的とした治療を行います。

この様な症状にお困りの際には、受診時にお申し出下さい。

  • 腰痛・関節痛・肩こり・五十肩・膝痛・腱鞘炎などの痛みがある方
  • 痛みに対して、日常での注意点や症状改善の自主訓練や体操についてお聞きになりたい方
  • 筋力が低下し、日常の動作に支障がある方
  • 高齢の方で、病気や転倒をきっかけに歩行・運動能力が低下してしまった方
  • 歩行が困難な方、歩けるけれども転びやすいといった症状がある方
  • 手や足に麻痺や動かしにくさがある方
  • 他院にて手術をされ、術後のリハビリテーションを希望される方
  • その他にも、痛みや運動機能の改善を必要とされる方


リハビリテーションは知多サザンクリニックにて行っております。
コーストサテライトへ通院中の方も、リハビリテーションを受ける場合には、知多サザンクリニックへお越し頂くことになります。

運動療法

関節可動域運動・筋肉増強運動・伸張運動など、日常生活動作そのものの改善を図ります。
杖・装具・車椅子などを使用する際に生じる障害に対する治療体操や、障害の発生を予防するための運動の指導を行います。

リハビリ 004.jpgリハビリ 004.jpgリハビリ 006.jpgリハビリ 006.jpg

徒手療法

身体の動きを引き出すための治療や、症状の改善を図ります。
骨・間接・筋肉の障害のある方には非常に有効とされる治療法です。関節の動きの程度や質を正常化させ、筋肉の硬さや働きの程度を痛みとの関連から検討して改善してゆきます。

リハビリ 002.jpgリハビリ 002.jpgjimu 005.jpgjimu 005.jpg

物理療法

物理療法は、身体に物理エネルギー(温熱・寒冷・電気刺激・光線・その他)を加えることで、生理的化学的変化を起こし、血液循環の改善・筋の緊張や痛みを除去・軽減を図ります。

DSCF3613.JPG

赤外線治療器
(アルファビーム)

患部深くに達する近赤外線を患部に照射することで、血管を拡張させて血流を増やして新陳代謝を促進させ、筋肉の凝りや痛み、関節の痛みに対する治療効果があります。
神経節近傍に赤外線を照射すると、神経節ブロックと似た効果が得られるため、慢性疼痛の治療にも効果があります。

DSCF3308m1.jpg

干渉低周波治療器

種類の異なる低周波電流をあてて患部を刺激し、血行を改善させることで鎮痛効果を図ります。

DSCF3314.JPG

自動間歇牽引装置

「牽引療法」とは、頚椎や腰椎を引き伸ばすことにより、椎間板や椎間関節にかかる圧を低下させて痛みを緩和する療法です。牽引と弛緩を繰り返す事により、椎間板への負担を軽減させ、マッサージ的効果による循環改善・促進や、椎間関節周囲軟部組織の伸張や筋緊張の緩和作用があります。